忍者ブログ
偉大なるバロック音楽の作曲家
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽に対して baroque の童貞 語を使用している用例は18世紀の書簡や批評に既に現れている。ノエル・アントワーヌ・プリュシュエロ写メNoel Antoine Pluche は彼の著書 Spectacle de la nature(1746年)の中で、バロック音楽を「歌の音楽」(la musique chantante) の対立概念として提起し、その特徴は「音の大胆さで聞くものを驚かせ、急速さや雑音でもって歌の代用とする」こととしている。18世紀の論客が音楽に対してバロックの語を用いるときにはこのように、奇異であることとか歪みといった意味合いで用いていた(ブフォン論争も参照)。しかし、「バロック音楽」という概念そのものは音楽史にはなかなか定着しなかった。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R